SMAP解散の理由

嵐とSMAPの違いは?比較してみた。嵐活動休止にスマップ解散の影響?

こんにちは、今回は嵐とSMAPの違いについての比較と、嵐活動休止にはSMAP解散の影響があったのかどうか、あったとすればどう影響したかという記事です。

嵐とSMAPの違いは、一言で言えば「優等生(協調性)の嵐」と「型破り(個性)のSMAP」というところでしょう。

この理由としては、記事の後の方で述べますが、担当マネージャーの違いによるマネジメントの差があげられそうです。(時代の差もありますが)

嵐、SMAPに加えて光GENJIなどジャニーズ事務所のアイドルで最強だったのは誰か、考察した記事はこちらです。

また、嵐の活動休止は上で防波堤となっていたSMAPの解散の影響が無かったかといえばウソになるでしょう。

元々、大野智は辞めたがっていたそうですから原因にはなっていませんが、大野が決断にの背中を押す要因にはなったでしょう。

SMAPと嵐の仲の良さについての記事はこちらからどうぞ。派閥争いはありましたが、個々人が仲が悪いわけでは決してありません。

 SMAPと嵐の違いは、ジャニー喜多川前社長とジュリー新社長の方針の違いにあった?

 

ジュリー氏が実は全くジャニー喜多川社長の言うことを聞かず、ジャニー社長とは犬猿の仲だった話はこちらからどうぞ。

ジュリー氏がジャニー氏の言うことを聞かなかったので、ジャニー社長はSMAPマネージャーの飯島氏をジャニーズ事務所の後継者に仕立て上げようとします。

しかし、それが姉であるメリー氏の逆鱗に触れることに。

そして、SMAPはジャニーズ事務所内での立場を失い独立を画策。木村拓哉のジャニーズ事務所残留決意によって計画は頓挫し、SMAPは2016年に解散となりました。

ジャニー喜多川社長はグループのメンバーを決めますが、決定後はメンバー本人たちが自由に活動することを認めていたと言います。

それによってグループが成熟していく、その考えがジャニー氏にはありました。加えて、飯島氏はその考えを引き継いでいたようです。

created by Rinker
¥1,980
(2020/01/19 20:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

ソースはジャニー喜多川社長死後、すぐに出版された本からです。

しかし、ジュリー氏はメンバーを管理教育。体育会系で上から押さえつけるといえば語弊がありますが、グループの行動を管理して教育していたようです。

これが、SMAPは個性的でメンバー同士がぶつかり合い「仲の良さ」を感じない雰囲気を醸し出していたのに対し、嵐は優等生で仲が良く、「メンバー同士の絆」を売りにしたグループになった一番の原因でしょう。

もちろんどちらが良いというのはありませんが、時代背景もあります。

平成初期に「木村拓哉」という未曽有の大スターを擁し、各々バラエティーや司会、俳優など別々の牙を磨いたSMAP。

当時は一人の存在が社会現象になるような時代でした。

しかし、嵐が売れた平成中期~後期には既にSNSが発展し、人々の興味がテレビから分散しつつある時代。

たった一人の人気でグループ全体が国民的存在になるのは難しい時代になっていました。

もし、嵐がSMAPと同時代にブレイクしていれば、松本潤が木村拓哉のような存在になっていたかもしれません。

しかし、1人のカリスマ性よりもグループのメンバー間の関係性を楽しむ、という方にアイドル像も変わっていったんですね。

そこがSMAPと嵐の違いでしょう。

 嵐の活動休止。大野智はSMAP独立騒動、解散に影響を受けた?

 

嵐と中居正広の久しぶりの共演についてはこちらから。大野智の下克上コントが10年近い時を経て戻ってきました。共演に至った背景を解説しています。

結論から言えば、大野智は嵐結成当初から辞めたかったそうです。(しかし、2004年の24時間テレビ後からグループを日本一にしたいとメンバー同士が結束してからはそう思わなくなったとか)

そして、ブレイク後も忙しく、大野は恋人がいた件についてライブでファンの前で謝罪させられるなど不満を募らせていたのでしょう。

そもそも、SMAPが解散するかどうか瀬戸際だった2016年には嵐が活動休止or解散or大野智の脱退になるのかについてはほぼ決まっていたみたいです。

SMAPの香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛らのジャニーズ退所を止めるためにジャニー喜多川社長は「あと2年待てば、自由になるから解散を待って」と述べていたようです。

これは、2年後には嵐が今のような状態ではいられなくなることが分かっていたからでしょう。

嵐のメンバーに大野がアイドル活動を辞めたいと言ったのが2017年と言われていますが、その前からジャニーズ幹部には知らせていたのかもしれませんし、2017年という発表はあくまでジャニーズがマスコミ向けに言ったことなのかもしれません。

どちらにしろ、SMAPに対するジャニーズ事務所の扱いを見て嫌になったのも嘘ではないでしょう。

ジャニーズ事務所の経営が危機的状態にあったのを、SMAPの大ブレイクによって救い、更にSMAPが国民的スターになったことによってジャニーズはテレビ局などに多大な影響力を及ぼせるようになりました。

その功労者にたいしてパワハラをしたり、追い出そうとしたり不当な扱いをすれば、大野からすれば「いずれ人気が落ちたら自分たちもこんな扱いになるのでは」と思ってしまうでしょう。

SMAPに対する圧力のように、ジャニーズ事務所の体制にも問題があり、それをうけて大野は嵐を脱退したくなったのでしょうね。

SMAPが木村拓哉以外結婚していないのもトリガーになった可能性もあります。

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。