SMAPの周りの芸能人

スーパースターのSMAPの後継者はKis-my-Ft2?嵐休止後はジャニーズ牽引?

こんにちは、今回はSMAPの後継者はKis-my-Ft2ではないかというお話です。

元々、Kis-my-Ft2ことキスマイはSMAPの派閥でした。(SMAP率いる飯島派と嵐率いるジュリー派は同じジャニーズ内ながら全く共演なしでした)

詳しい派閥争いの記事はこちらからどうぞ。

その頃からSMAPとの共演が多かったキスマイ。

現在は玉森裕太が木村拓哉主演のグランメゾン東京に出演していますね。こちらでグランメゾン東京の事情について語っています。

余談ですが、玉森は「信長のシェフ」でもシェフ役。稲垣吾郎が明智光秀役で共演しています。

また、中居正広がキスマイの目立たない後列4人を「舞祭組」と名付けてCDデビューさせてブレイクさせましたね。

SMAPとキスマイの関係はそれほど深いんですよね。

そして、そのキスマイが結成10年の苦節を経てようやく本格ブレイクの兆しを見せています。

 Kis-my-Ft2は紅白初出場が決定。ゴールデン冠番組も決まる。中居正広の影響も。

 

SMAPが紅白で再結成?もしくは、「新しい地図」がパラリンピック宣伝で紅白?の記事はこちらからどうぞ。

キスマイは2011年デビューですが、結成は2005年。苦節6年でのデビューでした。

リーダーである北山宏光はジャニーズ入りが遅かったとはいえ、山下智久、亀梨和也らと同級生。

彼らからかなり遅れてデビューしたことになります。

苦労人なんですよね。

デビューしてからも「キスマイはかっこよくない、ブサイクだ」とネット上で叩かれるなど不遇。(それを逆手に取って冠番組にBUSAIKUと名付けるなど機転を利かせました)

なかなかブレイクのきっかけをつかめませんでした。

そんな中で、SMAPデビュー当時の苦労を思い出したのか中居正広が尽力。

特に後列4人と前列の北山、藤ヶ谷、玉森との格差を気にして後ろ4人を「舞祭組」と名付けてデビューさせ、プチブレイクさせます。

その後、彼ら4人はバラエティーでも活躍して、存在感を発揮。

前3人もドラマやバラエティーで存在感を見せ、とうとう7人での知名度が上がりサンドウィッチマンとのゴールデンでのレギュラーをゲットします。

中居正広は常々「キスマイはSMAPを超えろ」と言っていたみたいです。

中居からバラエティーの掟をかなり学んだ彼らは、ようやくCDデビューから8年でゴールデン冠、そして紅白初出場(女性自身の記事がソース)を果たします。

結成から14年。長かったですね。

 SMAP、嵐もブレイクまでは苦労した。Kis-my-Ft2がジャニーズの次のスーパースターはありえる。

 

ジャニーズ事務所の次世代スターはKing&Princeだと言われています。詳しい記事はこちらからどうぞ。

しかし、鳴り物入りでデビューしたグループは意外と尻つぼみになるのがジャニーズ。

KAT-TUNもそうですし、NEWSもそう。タッキー&翼もデビュー前の人気から比べると、かなり寂しい結果となりました。

KinkiKidsはデビュー前の期待値に比例して人気でしたが、2000年代に入るとそれも落ち着いて「国民的スター」には一歩届かなかった感があります。

一方、SMAPはデビューの1991年から全く浸透せず。ブレイクを果たしたのは1994年。

1996年にフジテレビの月9「ロングバケーション」で木村拓哉が大ブレイク、そしてその後の10時から「SMAP×SMAP」が開始して国民的スターとなります。

嵐も1999年デビューですが、ブレイクするまでは時間がかかりました。

2005年の「花より男子」をきっかけに2006年に櫻井が「NEWS ZERO」、二宮が「硫黄島からの手紙」でようやくグループとしてブレイクの兆しを見せます。

そして、2008年に大野主演の「魔王」がヒットしてグループ全員がブレイクして「国民的スター」に。

9年かかっていますね。

キスマイもデビューから8年でようやく世間の認知度が上がっています。(プレバトのおかげでご年配の方にも知名度が増えているのも大きい)

全員が30代に入ろうとしていてアイドルとして超遅咲きですが、高齢化の今であれば問題ないでしょう。(嵐も大ブレイクした時には大野、櫻井は既にアラサーでした)

嵐の時よりも、年齢にはかなり寛容な時代になっていますからね。

実はキスマイは大ブレイク筆頭かもしれません。

ライブでも大人気で、アイドルとしてのファン数も十分です。

 中居正広とキスマイの関係。中居正広ジャニーズ事務所独立を示唆?

 

舞祭組は基本的に中居が作詞でしたが、唯一舞祭組自身が作詞した曲があります。

それが、中居がSMAP解散騒動に揺れていた2016年の曲です。

「恩人にありがとう、そしてさようなら」と伝える曲でした。

中居がSMAPを解散すれば、稲垣、草彅、香取らとジャニーズ事務所から独立すると思っていたのでしょう。

しかし、現実は残留。

ただし、わざわざこんな歌詞の曲を出したのですから、番組の整理や移籍先の模索(中居の主戦場であるテレビは大手事務所でないと圧力で出られない可能性)を2016年のSMAP解散以来していたのではないでしょうか。

舞祭組「道しるべ」の歌詞には、「別々の道を歩もうとも」「僕らは渡るよ あなたとは違う道で」と述べられています。

後輩たちがこれほど「違う道」が既定路線だと思っていたのであれば、何らかの事情で延期しているだけである可能性が高そうです。

元SMAP中居正広2020年独立の記事はこちらから。

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。