SMAPの周りの芸能人

元SMAP、立花孝志批判で現在のマツコ・デラックスは嫌いな人増?キムタクも関係か。

こんにちは、前回元SMAP稲垣吾郎と東京MXの「5時に夢中」での共演をマツコ・デラックスが拒否したのは速報しました。

加えてジャニーズ事務所の圧力を否定し、元SMAPの実力不足で地上波に出られないのだと一刀両断しました。

その時の記事がこちらです。

その後、マツコ・デラックスは週刊女性の記事上で元SMAPを批判したのを否定しました。しかし、そのマツコの発言にも矛盾がありイマイチ信用できないのが実情です。

そんな中、「NHKから国民を守る党」の立花孝志を「五時に夢中」にてマツコが批判したことから、争いになりました。

弱者の味方であったはずのマツコが売れっ子になりどこか歪みが生じてきていますね。

元SMAPの「新しい地図」は権力から圧力を受ける「弱い」立場で、日本人の判官びいきの心からすれば応援したくなる人が多いでしょう。

元SMAPに対する発言と、「権力の象徴」でありNHKともただならぬ関係であるジャニーズ事務所を擁護した事実が無ければここまで「N国党」立花に露骨にターゲットにされることも無かったのではないでしょうか。

 マツコ・デラックスはキムタクの伝手でジャニーズ事務所のメリー副社長と懇意に。

 

マツコ・デラックスと言えばキムタクこと木村拓哉と高校で1年だけ同級生だったことで有名です。

(余談ですが、その後木村は高校を転向し、中居正広と同じクラスかつ隣の席だったのは有名な話です)

SMAP解散前は2人が共演することはほとんど無かったのですが、SMAP解散以降はマツコの冠番組「夜の街を徘徊する」や「木村拓哉のFlow」など共演が増えています。

そして、SMAP解散後はジャニーズ事務所副社長のメリー氏とも仲良くし食事へ行く仲に。

木村拓哉と工藤静香の家にも遊びに行くなど彼らとは深い仲になっているとか。

(木村とメリー氏と仲が良く、マツコとも「ホンマでっか!」で共演する明石家さんまが間に入っている可能性はありますね)

それゆえにジャニーズ事務所の圧力を否定する擁護発言をしたのでしょう。

しかし、それがSMAPファン及びそれ以外の層にも波及しマツコは大批判。

思った以上の騒動となりました。

弱者の味方であったはずのマツコが、権力にしっぽを振っているように見えたのは致命的だったのでしょう。

しかし、仲が良いキムタクの元同僚を非難するのは、ジャニーズ事務所を擁護するためとはいえやりすぎですね。

工藤静香もSMAP解散決定時に週刊誌上で夫の同僚であるSMAPメンバー4人を批判したことでアンチを大量に生み出した過去もありますしね……。

工藤静香の現在と、夫木村拓哉、娘Koki,との関係の記事はこちらからどうぞ。

 マツコは「NHKから国民を守る党」の立花孝志と投票者を非難で更に炎上。

 

元SMAP問題で周りを騒がせている中、マツコが「N国党にふざけて投票した人がいっぱいいる」や「気持ち悪い」と発言したのは失策でした。

歯に衣着せぬ物言いが魅力のマツコですが、炎上しそうな事案はスルーしておくべきでしたね。

「N国党」の立花氏は怒り、マツコが「5時に夢中!」に出演する際には出待ちすると表明しました。(今は解消しています)

立花氏批判はまだしも、投票した国民批判がまずかったことは確かなので一言謝罪すれば角が立たなかった気もしますが……。

元SMAP批判後すぐの騒動だっただけに炎上もやむなしですね。

立花氏も自分たちだけ批判されていれば食ってかからなかったかもしれませんが、元SMAP批判でマツコの土台が少し揺らいだのを見て機に乗っかったのでしょう。

また、ジャニーズ事務所はBSプレミアムで「ザ少年倶楽部」をレギュラーで持ち、紅白にも何組か出演するお得意様です。

立花氏はジャニーズとNHKのズブズブが許せないのもあったでしょう。

また、元NHKの有働由美子アナウンサーはマツコが誘いマツコやくりぃむしちゅーの事務所へ入りました。

その経緯もマツコが標的になった理由かもしれませんね。有働氏も立花氏によって批判されていました。

 まとめ

 

マツコ・デラックスは民放4局に自分の名前を冠したレギュラー番組を持っています。

弱者の味方から権力の象徴へと立場が変化してきました。

ジャニーズ事務所にしてもそうですが、今はコンプライアンスの時代。

既得権益側に回ると発言一つで身を滅ぼしかねないんですよね。不倫騒動のベッキーもそうでしたが。

SMAP解散の原因、裏切り者と呼ばれた友人木村拓哉は何を言われても黙っていましたが、イメージを守るためにその方法が一種の正解なのかもしれません。

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。