圧力・忖度

日本財団・笹川会長がジャニーズの忖度・圧力に喝。元SMAP地上波復帰へ追い風?

世間は吉本興業の方に話題が集中していますが、しれっと大手事務所ジャニーズやテレビ局に激震が走りそうな話題が飛び込んできています。

このサイトでも速報を出しましたが、公正取引委員会がジャニーズ事務所に圧力をかけて元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人を地上波から締め出した疑惑があるとして注意した、というのが1週間前の話でした。

しかし、その後パラリンピックを主催する日本財団の笹川会長が自身のブログで日本のテレビ局に対する不快感を露わにしました。

日本財団といえば、安倍首相や森元首相すらわざわざ挨拶に来るほどの権力者です。

吉本の上層部に下剋上を食らわせている芸人たちもそうですが、日本の芸能界の構造自体に地殻変動が起きそうですね……。

吉本興業はまだニュースやバラエティーで上層部を非難する「風通し」がありますが、ジャニーズ事務所はまだメディアに対する圧力が半端ではないみたいですね。

 笹川会長は東京パラリンピックのため、元SMAP3人の地上波復帰を実現させてほしいと提唱。

 

笹川会長は忙しくあまりテレビを見る機会が無かったのでSMAPがどういう活動をしているのかあまり知らなかったそうです。

ちなみに、息子は元「SMAP×SMAP」のスタッフなのですが(笑)

よほど忙しかったのでしょうね。

ちなみに笹川会長の息子のコネクションで、安倍首相らとも「新しい地図」は交流があるという話はこちらに書きましたので合わせてお読みください。

しかし、2015年にSMAPがパラリンピックのスペシャルサポーターを勤めた際にその献身ぶりと、影響力の高さに驚いたのだとか。

そして、パラリンピックの日本での普及はSMAP無くてはありえなかった、と笹川氏は述べています。

そんな功労者を干すとは何事だ、とお怒りなわけですね。

誰もがジャニーズ事務所による圧力で3人が地上波に出られない分かり切っているのに、それでも変えようとしないテレビ局に苦虫を嚙み潰しているのでしょう。

 ジャニー氏死去から1週間のタイミングでNHKが圧力問題を報じたのは、日本財団の影響?

 

ジャニー喜多川社長逝去後のジャニーズ事務所の勢力についてはこちらからどうぞ。実は姪であるジュリー氏とジャニー喜多川氏は「大幅な方針の違い」で犬猿の仲だったとか。

普通に考えれば元SMAP3人を率いる社長の飯島氏がリークしたように思えます。

しかし、そうなれば散々お世話になった前会社の社長の顔に泥を塗ったともなりかねないわけです。

公正取引委員会自体は「注意」だけなのでそれを口外しない、とジャニーズ事務所に約束していたみたいですが、どこからか漏れました。

ただ、それが飯島氏や元SMAPが行ったことかと言われれば違う気がします。

ジャニー氏がいなくなって各局のジャニーズに対する忖度が緩まった時に、公共放送であるNHKを使って報道させたのは日本財団ではないでしょうか。

東京オリンピックまではちょうどあと1年。パラリンピックも近づいてきたので、そろそろ派手に宣伝したいのでしょう。

特に自国での開催ですから、とても話題になってほしいのは間違いありません。それは政治的な力を伴っていてもおかしくない。

安倍首相や与党も東京パラリンピックが大成功に終わってもらわないと困りますからね。

どういう経緯で誰が間に入ったのか分かりませんが、あれだけジャニーズ忖度が激しかった日本テレビでも取り扱ったので割と大きな力が働いたのはまちがいありません。

元SMAP3人が地上波に出れば大きな話題となりますし、また東京パラリンピックを宣伝する場も増えます。

ネットが発達したとはいえ、まだまだテレビの影響力は絶大です。宣伝にはテレビの力が必要なのです。

しかし、笹川会長が「テレビ業界は報道の自由よりもジャニーズ事務所へ忖度している。国家的イベントである東京パラリンピックの成功よりもジャニーズ事務所の顔色の方が重要としか思えない」と言っています。

ここまで言われてそれでも頬かむりできるのか。

近日中に何かしらの動きがありそうです。

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。