SMAP解散の理由

SMAP解散本当の原因はキムタクこと木村拓哉ではない?ジャニーズの派閥を考える。

今回は有名な話かと思いますが、2019年になった今だからこそ改めて語るSMAP解散の本当の原因についてみていきたいと思います。

ちなみに、SMAPが「休止」ではなく「解散」に至ったのは木村と特に香取の仲がどうしてももどらなかったからと言います。

そして、稲垣と草彅は香取の立場や考えに同調しており、SMAP解散とジャニーズ事務所を退社することは避けられませんでした。

元々、木村と草彅、香取はSMAPでのデビュー当初から方向性が合っていなかったと言われています。

しかし、それでも森且行の脱退から、稲垣、草彅の逮捕による謹慎などのピンチを結束力で乗り切ってきたのがSMAPでした。

木村がSMAPの中で唯一の話し相手と言っていた稲垣すら香取、草彅に同調。

よほどの仲たがいがあったのでは?と思っても無理ではありません。

木村拓哉とSMAPのリーダーである中居正広を中心とした4人が仲たがい状態にあったのは確かですが、それはあくまで2016年1月前後の話です。

実は本当のSMAP解散の原因は2015年の頭に起きたある事件が大本となっているのは有名な話です。(ただし、これは芸能界の暗部であるためテレビや新聞、ラジオなどでは放送されていません)

沢尻エリカの元夫であるハイパーメディアクリエイターの高城剛も書籍で「ジャニーズとメリー氏のパワハラに関しては芸能界の最大クラスのタブー」と述べています。

 2015年冒頭のジャニーズ事務所副社長メリー氏への週刊文春取材。これが、決定的なSMAP独立への一撃となった!?

 

まず、2015年週刊文春はメリー氏と黒木瞳、大地真央らが集まった食事の場に松本潤や風間俊介がいたのは何故か、と取材に行きました。

そこでついでにと思い、メリー氏にジャニーズ事務所の派閥問題について尋ねたのです。

それは年末のジャニーズカウントダウンライブにて堂本光一が「俺は中立派」と発言したことから端を発しています。

それを聞いたメリー氏は大激怒。「うちに派閥なんてない」と言って記者を問い詰め始めます。

 ジャニーズ事務所の派閥問題って?「SMAP」VS「嵐」!?

 

ちなみに、ご存知の方も多いとは思いますが一応ジャニーズ事務所内の「派閥」について解説しようと思います。

まずジャニーズ事務所は長らくSMAPの1強でした。しかし、嵐が2008年頃にブレイクしてからは様相が一変。

嵐をマネジメントしていたのは社長ジャニーの姪であり、副社長メリーの娘であるジュリー藤島氏。(2019年9月にジュリー藤島氏はジャニーズ事務所の新社長となりました)

嵐が権力を増したことにより、飯島マネージャーとマネジメントを受けていたSMAPの立ち位置が怪しくなり始めます。

そして、ジャニー社長は飯島マネージャーを重用し、Kis-my-Ft2やSexy Zoneといった若手を飯島マネージャーの元へ付かせたのが更に火種を付けてしまう形となりました。

 

2019/07/20 追記

ジャニー氏は飯島氏を次期社長にしたかったのだとか。これによって元々は一緒に買い物に行くこともあった飯島氏とメリー氏の間に決定的な溝が生まれてしまったのでしょう。

詳細はこちらの記事からどうぞ。

嵐、TOKIO、関ジャニ∞といったジュリー派とSMAPやキスマイの飯島マネージャー派で完全にジャニーズ内が分断。

二つの派閥を共演させないようにとの忖度がテレビ局内でかなりあったと言います。

 週刊文春の取材でメリー氏の怒りは頂点に。飯島マネージャーを呼んでパワハラ。

 

メリーは文春の記者に「次期社長は娘のジュリー」と吠えますが、それでも怒りが収まらず「飯島を呼べ」と仕事中にも関わらず飯島マネージャーを呼び出します。

そして、飯島氏に向かって「派閥などないわよね?」と確認。

それだけで終わらず、飯島氏に対してあれこれ派閥を作っていると疑わしき行動について問いただしますが、飯島氏はあくまで「派閥はありません」と言うのみ。

そして、メリー氏の怒りは全く収まらずとうとう最後の決定的な一言が放たれてしまいます。

「派閥を作るのであればSMAPを連れて出て行け」と飯島氏に対して公衆の面前で恫喝したのです。

これが一連のSMAP独立、分裂、解散騒動の発端であり、原因になったという見方が大きいんですね。

週刊文春の記者が追った「SMAP解散」については上の書籍で描かれています。詳しく知りたい方はどうぞ。

 中居正広はあくまで保守的な人物。SMAP独立に動き出したのは圧力でSMAPが潰されそうになっていたから?

 

中居正広は非常に保守的な人間だと常々自分で語っています。

しかし、自分たちSMAPとそのマネージャーが侮辱され、しかも圧力をかけられ始めたのであれば話は別です。

もうジャニーズ事務所に居場所が無く、このままではSMAPが終わってしまうと思った中居は飯島氏とともにSMAP独立に向けて動き出したのでしょう。

ただ、木村拓哉のジャニーズ残留によって独立は瓦解してしまうのです……。

とはいえ、根本にあるのはこのメリー氏の非常識な恫喝にあるのは明々白々。この前にも数々のSMAPに対する圧力をかけていたのも間違いないでしょう。

それは、2013年の「SMAP5人旅」の際に中居が「何人かかってきてもSMAPを守れるよ」と言った発言にも現れていますね。

今回はSMAP解散の原因を知るにはまずこの事件を知らないといけない、というぐらい重要な事件を紹介しました。

木村と香取の仲がこじれた、という内容についてはこちらからどうぞ。

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。