SMAP解散の理由

木村拓哉のいない2016年8月の某日に香取慎吾らによって解散が決まった、というのはウソ。

SMAP解散が決まった2016年8月14日以降に報道された内容がウソだった、という革新的な情報を掴んだので記事にしました。

前回の記事はこちらから。今回の記事は直接の後編ではないものの、この記事を読んでいただければより文脈が分かりやすくなると思うので是非お読みください。

こちらの記事は「新しい地図」の3人がSMAPを続けたくて退所した、という内容の記事です。

ジャニーズ事務所の「知られたくない」事情によって、SMAP解散の真実はゆがめられているかもしれません。

例えば、メリー副社長が「SMAPを連れて出ていけ」とSMAPマネージャーだった飯島氏にパワハラをした件についてもそうかもしれません。

木村拓哉、工藤静香夫妻がハワイに行っている間に、香取慎吾、草彅剛を筆頭とする解散強硬派がSMAP解散を電撃的に決めた、というのは大嘘!?

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00010000-flash-ent

まずは、こちらの記事をご覧ください。

錦戸亮が関ジャニ∞を脱退する、という記事でしたがさりげなくSMAP解散にも言及されています。

『ジャニー喜多川社長(87)と半世紀の知己であり、『異能の男ジャニー喜多川』(徳間書店)を3月8日に刊行した、作家の小菅宏氏が解説する。

「2016年6月には、SMAPをジャニー氏が直接説得したが、解散を引き止められなかった。ジャニー氏は『ユーたち後悔しないように』と言ったと伝えられる。さらに2019年1月には、2020年いっぱいでの嵐の活動休止が発表された。』

記事から引用。

この作家の小菅宏という方は、ジャニー氏やメリー氏の公認で本も出せる関係性です。

なので、彼が言うことがウソである可能性は極めて低いと考えられます。長年の信頼関係を壊すような発言をしても彼にとっては得することが何もないからですね。

ジャニー社長は2016年5月に「自分の名前にかけて、SMAPは絶対解散させない」とメディア向けに発信していました。

この頃はまだSMAP説得に自信があった、と考えられます。

中居正広と香取慎吾が熊本の被災地にプライベートで訪問したのもこの時期でしたね。中居もこの頃は香取慎吾を説得して5人でのSMAP続行をしようとしていたみたいです。

ただ、6月になって状況が変化したのかやはり解散、ということになったんでしょう。6月には既にSMAP解散は避けられない状態で、ジャニー社長も匙を投げていた。

2年後に後悔するよ、とのジャニー氏の言。

 

別の小菅宏氏の発言によると、ジャニー氏は「Youたち、2年後に後悔するよ」と明確な期限も言っていたみたいです。

この頃には嵐の休止が決定していたり、関ジャニ∞も何らかの問題が発生しており2018年中頃にはそれが顕在化するというのがジャニー社長には分かり切っていたのでしょう。

だから、2年後ジャニーズ事務所の権威が落ちればSMAPが再びエースとして不動の地位に立つことになるか、何らかの有利な条件を引き出せるにも関わらず解散をすればそれも無くなる、というのがジャニー社長が言いたかったことなんでしょう。

木村拓哉がいない間に電撃解散が決まった、という報道は何故発生?

 

これは週刊誌を売りたいから、というのがあるでしょう。

やはり、ちゃんと話し合って解散を決めたというよりは4:1に分裂して仲たがいしていた、という方が大衆の興味を引くことができますからね。

稲垣吾郎も「4人でも5人でも徹底的に話し合った」と阿川佐和子との対談で述べています。

https://smapnmap.com/2019/03/09/smap再結成に最も必要なメンバー、それは稲垣吾郎/

詳しくはこちらの記事で。

また、ジャニーズ事務所としてはメリー副社長のパワハラを隠したくて、SMAPメンバーの誰かを悪者にしたかったというのもあるでしょう。

パワハラが原因と世間に知れれば、ただでさえ「公開処刑」と呼ばれた「SMAP×SMAP」での謝罪で世間の批判を浴びたジャニーズ事務所の評判が落ちます。

(メリー副社長のパワハラが原因とは忖度でどのテレビ局も報じませんでした)

なので、木村拓哉と4人の分裂、そして香取慎吾がどうしても木村拓哉の顔を見たくなくて解散を強行した、そういうシナリオを組めば事務所は隠れることができます。

報道は裏側まで見ないと怖いですね。

 

 

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。