SMAP再結成

香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎がジャニーズを退所したのは、SMAPがやりたかったから。

今回は香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎がなぜジャニーズ事務所を退所することを選んだのかについて語っていきたいと思います。

様々な理由が囁かれていましたが、結論としてはSMAPの活動を続けたかったからというのが大きいと思います。

少し語弊がありますね。ジャニーズ事務所に所属していた頃の活動を継続してファンを喜ばせたいと思った結果です。

5人でもないですし、ジャニーズ事務所に「SMAP」やSMAPの曲の著作権がありますから実際にSMAPができたわけではありません。

しかし、ジャニーズ事務所に所属しながら東山紀之以外ほとんど活動していない少年隊のようになりたくなかったんでしょうね。ファンの前に姿を見せるのを選んだんでしょう。

松本人志は「ワイドナショー」で「ドライフラワーになるよりは潔く散りたかった」とSMAP解散についてコメントしていましたが、的を射ているでしょう。

ジャニーズ事務所内でSMAPが活動休止をしていれば、ファンの前に顔を見せる仕事が無くなっていたかもしれません。

SMAP解散は木村と香取の仲が割れたから、というのは本当なのか考察した記事はこちらからどうぞ。

加えて、特に香取慎吾に関しては飯島元マネージャーへの恩義が強かったことも大きな理由です。

草彅剛、稲垣吾郎も逮捕されてしまった過去があり、そこで飯島元マネージャーにうまく収めてもらった過去から恩義を感じているとも言われています。

しかし、やはり最後の決め手はファンの事を考えて自分たちがどうしていくべきか考えたからでしょう。

やはり、SMAP時代のファンが一番喜ぶにはどうすればよいか考えた結果だと思います。

後編の記事はこちらからどうぞ。

そもそも、稲垣、草彅、香取がSMAP解散を選んだ理由が「ファンのため」。

 

さて、SMAP解散を選んだのが「ファンのため」とはどういう理由でしょうか?

悲しんだファンもかなり多いと思います。いや、今でも何故解散したんだ、戻ってきてくれという声は後を絶ちません。

しかし、序文でも語りましたが解散した理由については中居正広の親友ダウンタウン松本人志が「ワイドナショー」で語ったこの言葉がかなり参考になると思います。

「ヒット曲の『世界に一つだけの花』になぞらえるわけじゃないけど、ドライフラワーや押し花になるぐらいならいっそ解散してしまえ、という気持ちは非常に分かる」

と、SMAP解散が決まった当時の放送で言っていました。

これは、メリー氏含めてジャニーズ事務所忖度が大きかった当時としては最大限に言葉を選んで事情を話してくれたものだと思います。実際、当時は称賛の声が聞かれました。

やはり、親友である中居正広との絆は大きかったのでしょう。

ドライフラワーや押し花とはどういう意味なんでしょうか。

それは、「少年隊」のように解散しないまま実質活動しない状態を続ける、という風にSMAPがなってしまうという事でしょう。(今回の嵐も名前だけ残して、実質解散状態になってしまうでしょう。)

SMAPは2016年夏までは活動休止予定も、解散。ファンを犠牲にしない意味もあった。

 

2016年1月に世間を震撼させた「SMAP独立、分裂騒動」。

「SMAP×SMAP」の公開謝罪で一旦収まったかに思いましたが、メンバー間の亀裂は収まらず。

仕方なく、「SMAP」という名前だけ残して個人活動に入るはずだったとか。

時間が解決してくれるかも、とジャニーズ事務所側が「活動休止」を提案したみたいですね。

実際、解散が決まるまではしばらくの「活動休止」でSMAPのメンバーと事務所は合意していたみたいです。

しかし、当時の報道としては香取慎吾と草彅剛が解散を強固に主張し、穏健派だった稲垣吾郎もそれに同調、中居正広は驚きつつも過半数が解散したがっているのを見て同意せざるを得なかった、と言っていました。

(ただ、3月14日号の週刊文春では木村拓哉以外の4人が揃って解散を主張したと述べています。最近は「新しい地図」を起用している週刊文春が発表するだけに、この説の方が正しい可能性があります。)

これは、活動休止で実質解散なのにファンクラブの会費だけ取り続けたり、また活動を再開してくれるんじゃないかとファンが期待するのを避けたかったんでしょう。

香取慎吾も「また5人で活動することはないのに活動休止はおかしい。解散してくれ」と主張したと報道されています。

また、俳優として数字が残せる木村拓哉と、バラエティの司会として引っ張りだこの中居正広以外の3人は自身のレギュラー以外に新規の仕事が入れてもらえない可能性がありました。

下手をすれば、Hey!Say!JUMPの岡本のように海外留学もありえたでしょう。

ファンの前に姿を見せる機会が減るならいっそ解散して新しい世界に飛び出したい、と思ったのは間違いないと思います。

また、5人での活動再開が無い、というのは木村拓哉と4人にはやはり何らかのしこりが残っていたんでしょうね。

中居正広はめちゃイケの「72時間日本1週の旅」にて矢部の「SMAP好きやったんやもんな」という言葉に、「でも全員が揃わなきゃ……」という言葉を返しています。

ただ、今では一部のメンバーは和解している可能性もあります。

https://smapnmap.com/2019/03/09/smap再結成に最も必要なメンバー、それは稲垣吾郎/

とはいえ、木村拓哉と4人に何かがあったというのはほぼ確定的なことだと思います。中居正広と新しい地図の3人は度々名前やそれぞれエピソードを出していますからね……。

長くなるので、後編に続きます。解散後3人はどうしようと思っていたかについて話そうと思います。後編の記事はこちらからです。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
Five Star
SMAPの大ファンで、SMAP解散の真実、そして再結成についての週刊誌や本での情報集め、そして考察を行っています。 SMAPメンバー最新情報も。